保育士の資格や仕事内容

保育士の資格や仕事内容

保育士の資格とは
最近の女性の社会進出などで注目されているのが保育士資格です。全国的に、特に都市部分で保育士や保育園が不足しています。保育士資格は比較的取得しやすいですし、そして学童保育や院内保育士などさまざまな働き方があり、生涯続けていくことができる仕事の一つです。

保育士資格は、児童福祉法第18条に定められた、専門的知識や技術で児童の保育や児童の保護者に対する保育指導を行うことができるものです。そのため、保育士資格は国家資格として受験するには所定の要件が必要です。しかしながら最近では、長引く保育士不足を解消するためにさまざまな取り組みをしています。

通信教育で受講できるようにしたり、試験で大変な実技部分をカバーすべく地域限定で試験内容が緩和される可能性もあります。ほかには、保育補助という形で先に現場で働いて経験を積んでいくことによって、保育士がなかなかできない実技部分をカバーするように工夫をしている保育施設もあります。

空前の資格ブームでありそして保育士のニーズが高まっている今だからこそ、資格取得を目指すのもやりがいがあります。保育士資格の良いところとしては、働き方を選ぶことができる点です。正社員での就職先もありますし、パートや派遣などで時間を限って働くという働き方もあります。

さらに、働くところも公立保育園、私立認可保育園、私立無認可園、幼稚園、認定こども園、託児所や学童保育などいろいろな働き先があります。年齢も幅広く働けますし、子どもを持っている人でも就職しやすい業界ですので、着目されています。


~保育士に関するオススメサイト~
保育士として働きたい場合は、資格を取得したあとに求人情報を探す必要があります。保育ぷらす+では、全国にある保育施設から条件に合った求人情報を探すことができます ⇒ 保育ぷらす+